Geophysical Research Group
FNCT

鯖江断層トレンチ調査
-経緯-

岡本拓夫*, 橋本たづの**, 山本博文***, 小嶋啓介***, 井上哲夫****

f Trench Survey for the Sabae Fault
-- introduction --


Abstract
The Sabae Fault exists at the central part of Sabae City, Fukui Prefecture, Japan. The size of this fault is 8km long from south to north, more than 10m gap with reverse type (active faults in Japan, 1991). We investigate the charactersistics for geology of this fault. One of them is that the many springs exist along the fault. But all of them were stopping. The other is that there are many towns with name of " mizu in Kanji " along the fault. We decided that the Sabae fault is an active fault from those facts. The claer seismicity gap recognized around this fault. We will study this fault by trench survey in detail.
Key word:active fault, seismicity, seismic gap, spring, geology


はじめに
 鯖江断層は、福井県鯖江市の中央部、鯖江台地を形成する東側の断層の呼称(活断層研究会により認定)である。新編「日本の活断層」(1991)によれば、延長8km、西上がりの逆断層で、地上部の変位は10m以上になる確実度U、活動度がB級の活断層である。台地西側に存在する鯖江台地西側断層は、鯖江断層ほど顕著ではない。鯖江台地は、これらの断層の活動によって形成されたと考えられ、その規模と活動度を調べることは福井県における防災上の見地より、最も必要性が高い研究であると思われる。Fig.1に鯖江市による昭和54年の航空写真を示す。航空写真は南方より写したもので、現在のサンド−ム辺りから北部方面を見ることができる。鯖江断層は、顕著な崖の連続として観望でき、北部は福井市のみのり(現在の日本赤十字病院)付近まで認めることができる。崖の高さは顕著な部分では10m以上確認でき、断層の規模として相当なものであることが分かる。地形図より推定される断層線として、Fig.2に山本によるものを示す。鯖江断層は、高低差の大きいところ結んだリニアメントとして認識される。鯖江断層が活動した場合、鯖江断層が福井県の嶺北地方の中心部に存在する、すなわち福井県の人口集中域に存在しているので、甚大な人的被害の発生が想定される。また、断層に平行するようにJRや福井鉄道が走っており、交通被害の発生も予測される。このように鯖江断層の活動は、福井県の震災予測にとって重要であり、早急に被害想定をしなければならないと考えられる。鯖江断層を含む付近は、地震活動の空白域を形成し(岡本、京都大学防災研究所北陸観測所、私信)、地震発生予測の面からも重要な領域で、減災を考慮すると被害想定を基にした復旧計画の準備、対策本部の設置のシミュレ−ションなど、議論していかなければならないことがたくさんある。以上のことにより、鯖江断層の活動の詳細歴調査が必要性であることを伺い知ることができる。
注:
確実度U−>断層であると推定されるもの、すなわち、位置・変位の向きも推定できるが、確実度T(断層露頭等を伴い、活断層であることが確実なもの)を判定できる決定的資料にかけるもの。
活動度B級−>変位速度が0.1〜1m未満/1000年であるもの。


見野による研究
 見野(1986)は、京都大学防災研究所北陸微小地震観測所勤務のおり、地震活動と地形からの興味より、鯖江断層の詳細調査を行った。行った調査は、地形解析、湧水分布の確認、放射線探査である。Fig.3に、調査の測線、湧水の位置や地形特徴を示した見野(1986)による図を示す。湧水は、断層に沿うように分布していることが分かる。測線上ではγ線強度が測定され、断層に相当するところで放射線量が増加することが確かめれられている。また、地形的な特徴より崖の連続を断層の特徴とした。以上の結果より、見野(1986)は鯖江断層を活断層の可能性の高い断層と結論づけた。


山本・木下による研究
 山本・木下は、浅水川の河川改修に伴う工事で見つかった露頭を観察することによって、鯖江断層の活動を類推した。特に露頭に含まれている火山灰に注目し、火山灰がATであると特定した。Fig.4に、山本・木下による台地部分ATの状況を示す。東部低地部分のATは、第一礫層の下部と考えられ、深さが10mを超えると推定されている。山本・木下は、ATの年代が2.5万年前として変位速度を推定すると1..0〜1.5m/1000年となり、A級の活動度を持つ可能性のある活断層としている。


湧水の分布
 見野(1986)でも取り上げられているが、鯖江断層に沿って湧水の分布が認められる。”鯖江むかしむかし”(2002)おいても、湧水の分布、水に関する地名の存在が指摘されている。鯖江断層が活断層である可能性を示す状況証拠の一つである湧水について、鯖江むかしむかしのメンバ−と一緒に再調査を行った。方法は、ボランティアグル−プのネットワ−クを利用して特にお年寄り達への聞き取り調査も含め、詳細な情報を集めることにした。その結果、湧水が止まった後公園になったもの、池がなくなり形跡すらないもの等、その位置を確認することができた。Fig.5に、地図上にプロットした図を示す。崖にそって多くの湧水跡や、湧水が存在していることが分かる。プロットされた範囲は、地図制限から図のようになっているが、広範囲に調べた結果、サンド−ム付近より福井市みのり付近まで10kmを超える長さなる可能性を指摘することができた。現在湧水はほとんど停止しており、この現象と現在の地震活動の特徴も関連させ、議論しいく必要がある。


地震活動の特徴
 京都大学防災研究所北陸観測所は、1976年より北陸地方の詳細な地震活動の把握に努めている。兵庫県南部地震(1995、M7.3)の発生より以降、高感度地震観測網の観測点が増えたので、観測点の分布より最近の地震活動として、2001年より2005年8月までの嶺北の地震活動をFig.6に示す(岡本他、2007)。マグニチュ−ドは1以上、深さは30km以浅の地震の分布である。地震活動の特徴としては、活断層の沿うというよりは、活断層付近に塊状に分布していることである。奥越付近では、活断層と関係ない分布が認められる。これらの特徴は、岡本他(2007)で詳細に議論されている。一方、鯖江市付近に注目すると、小さい地震も含めて、ほとんど地震の発生が認められない事が分かる。Fig.7に鯖江市付近の地震活動の空白域をより明瞭に示している図を示す(岡本、京都大学防災研究所北陸観測所、私信)。デ−タは京都大学防災研究所北陸観測所によるものである。福井県内にいくつか、地震活動の伴わない地域はあるが、活断層と思われるリニアメントを含んだ地域としは、鯖江付近が最も顕著である。空白域には、地震が発生しない領域、地震を準備中、発生直前のシグナルとしての考え方がある。鯖江付近で認められる空白域が何れの性質を示しているのか、調べることは緊急の課題と言える。


鯖江断層トレンチの必要性
 現在、鯖江断層は活断層の可能性の高い崖の連続として認識されている。活断層であると認識するためには、断層面を観察し活動した証拠を把握する必要がある。活断層であると認識しても、最終活動期や活動度を把握しなければ地震学や防災の観点より不十分になる。鯖江断層が含まれる領域は、地震活動の空白域になっており、空白の意味を吟味する必要性が高い状況下にある。これは仮定であるが、鯖江断層付近の空白が直前の性質のものであると仮定すると、地震学(宇津、初版1977)によれば、M6.5前後の地震を引き起こす可能性が考えられる。これらにより、鯖江断層におけるトレンチ調査の必要性が明確に伺える。幸いなことに、地元の病院のご厚意により掘削地の確保が可能となり、鯖江市の協力により掘削予定地の詳細なボ−リングデ−タの資料を頂くことができた。Fig.8に、予定地とボ−リングデ−タの資料による第一礫層の深さを示す。この図により、予定地で第一礫層の深度が急変し、そのすぐ西に崖が存在していることがわかる。これらは、鯖江断層の上面が予定地内に存在していることを、強く示唆している。このような状況下、2007年08月27日(月)より開始した。
 速報として、トレンチより鯖江断層の上面らしき不連続面とそれを覆うほぼ水平な堆積層を確認することができた。Fig.9にトレンチの写真を示す。不連続面は、礫層と泥(粘土)層の不連続として認識される。これらのことは、鯖江断層が活動歴を持つ活断層であることを明確に示している。詳細な活動の解釈は、調査後、別報告書にて報告する予定である。


まとめ
  • 鯖江断層は、活断層である可能性が十分高まった。
  • 鯖江断層含む地域で認められる地震活動の空白が、鯖江断層の活動過程の中での重要なポイントを示している可能性が高まった。
  • トレンチの日程
  • トレンチ実施地 :広瀬病院職員駐車場
    トレンチ開始日 :2007年08月27日
    埋め戻し完了予定日 :2007年09月14日
    年代特定日数 :約3ヶ月
  • 研究会の開催を予定



謝辞
 鯖江断層の研究を遂行するにあたり、”鯖江むかしむかし”のボランティアグル−プ、鯖江市異業種交流会(特に広瀬病院)、鯖江市長、鯖江市教育長、鯖江市教育委員会、惜陰小学校、鯖江市役所(特にボ−リング資料については、牧野博氏)、京都大学防災研究北陸観測所、福井大学、福井工業高等専門学校、福井工業高等専門学校地球物理学研究会の皆様にご協力を賜りました。記して、感謝致します。


参考文献
活断層研究会、「新編日本の活断層」、東京大学出版会(1991)。
見野和夫、「北陸地域南部の活断層(2)」、地震、第2輯、vol.39、pp.567-577(1986)。
岡本拓夫・平野憲雄・和田博夫・竹内文朗・西上欽也・渡辺邦彦、「福井県嶺北地方における地震の発生特性」、京都大学防災研f究所年報、in press(2007)。
鯖江むかしむかし編集グル−プ、鯖江むかしむかし(2002)。
山本博文・木下克美、「鯖江台地の形成と鯖江断層」、私信。
宇津徳治、「地震学」、共立出版、初版(1977)。



Figure caption


Fig.1 The landscape fron an aircraft for the Sabae city in 1979 (fron the City of Sabae.)


Fig.2 Linearment for the Sabae Fault by Yamamoto.


Fig.3 Topography, survey-line and spring distribution by Mino (1986).


Fig.4 AT distribution at Asouzu-gawa site estimated by Yamamoto・Kinoshita.


Fig.5 Detail ditribution of springs reseached by Okamoto and Sabae Mukashi Mukashi group. X shows the spring site..


Fig.6 Distribution of earthquakes with M≧1.0, h≦30km by Okamoto et al., 2007.


Fig.7 Seisnicity gap around rhe Sabae City esitimated by Okamoto and Hokuriku Observatory


Fig.8 The depth of gravel from boring data of Sabae City. Triagle showes the trench site


Fig.9 The photography of Torench Survey of Sabae Fault. Broken line shows the fault surface.











研究紀要集へ戻る



ご意見ご感想はNAMAZ伝言板までお願いします。 by Webmaster