Geophysical Research Group
FNCT

平成11年度福井工業高等専門学校教育後援会研究奨励金による研究完了報告書

福井県周辺における地殻活動の研究
指導教官 岡本 拓夫 教官
前澤 廣道 技官
5年環境都市工学科 小林 知晃
4年物質工学科 伊藤 善弘
4年物質工学科 加藤 真人
4年物質工学科 橋谷 一志
3年電子情報工学科 坂田 兼続
1年物質工学科   前田 望
1年環境都市工学科 笹島 康宏
1.はじめに

  我々は、福井県及びその周辺で発生する地震活動を監視、解析することを目的に、独自にOM型イベントレコーダー(尾池他)を用いた地震観測点を福井県周辺に展開し(白山、杉山等)、地震波形データを音響用カセットテープに収録、保存している。これらの観測点は、京都大学防災研究所北陸観測所の地震観測網を補間する形で配置されており、OM型イベントレコーダーの精度よい読み取り値が得られれば、福井県周辺でのさらに詳細な地震活動の把握が可能となる。  現在OM型イベントレコーダーより得られたデータは、機械語を含むN88-日本語Disk Basicで記述されたプログラムを使用し、A/D変換した後特殊フォーマットで保存されている。このため、今日のコンピュータ環境でデータ処理を行うには、保存されているデータをWindows環境のformatにコンバートしなければならない。現在Windows環境へのコンバートも行っているが、これには多くの時間を要する。そのため、再生精度の保証あるWindows環境での読み取りシステムの構築が急務の課題になってきた。  そこで昨年度は、自作Dos/Vコンピュ−タ−(CDV_celeron 400)にA/D変換ボード(ADM−682PCI マイクロサイエンス株式会社)を組み込んで再生の精度をテストした。このシステムがどの程度信頼できるかを調べるために、従来のDiskBasicを用いたOM再生システムやサウンドボードで再生した波形との比較をし、Windows環境で解析して、どれくらい再現性にズレがあるか評価を行った。結果は満足行く精度保証といえた。(平成10年度奨励研究完了報告書)  そして今年度はWindows環境でOM型イベントレコーダにより得られたデータを1イベント毎に分割、保存するプログラムを作成した。これにより再生にかかる時間も飛躍的に効率がよくなった。又、今年度は本研究を足掛かりにVisual Basicによるプログラミング学習に重点を置いた。来年度のさらなる研究のための環境作りを目標にした。  以下、このプログラムを使い、来年度からどのようなことが可能になるのか、その特性と将来性を報告する。


2.OM型イベントレコーダーのための、地震波形のA/D変換及び分割・保存プログラム

   今回作成したプログラムはOM型イベントレコーダーでオーディオカセットテープに記録された地震波形データーをコンピュターに読み取り、表示させることを目的とした。本研究ではA/D変換とグラフ表示の基礎部分の途中版であるが現在まで作成したプログラム”Win_OM”の流れを報告する。


<図1:初期画面>


  2Pへ→  トップへ→